各教科の目標

相洋中学校・高等学校一貫コースでは、各教科ごとに目標を定め指導が展開されます。

国語科国語科

  1. 物事を正確に捉え、判断する力を養う。
  2. 自らの意見を持ち、表現できる力を養う。
  3. 古代の人々に興味を持ち、古文特有の表現に触れ、現代に生きる感性を磨く。

社会科社会科

  1. 地理:日本や世界の自然環境と人々の生活・産業との関りを考えさせる。
  2. 歴史:人類の歴史から現代を理解し、より良き未来について考えさせる。
  3. 公民:人権思想を身に付け、現代の政治や経済のしくみを理解させる。
  4. 地理・歴史・公民を総合的に学び、現代の世の中における生きる力を養う。

数学科数学科

  1. 数量・図形に関する基礎的な知識・技能を身につけさせる。
  2. じ道を立てて考え、ものごとを合理的に処理する力を伸ばす。
  3. 自主的・積極的に考え、新しいものごとを理解し、創造しようとする能力と態度を養う。
  4. 応用・発展への考え方、論理的に物事を考える力を伸ばす。

理科理科

  1. 「自然」の様々な事物の現象について、そのしくみや法則性、またその関連性を、実験・観察の体験や問題演習などを折り込み、様々な角度から理解を深めていく。
  2. 大学入試に向けて基礎学力を確認の上、発展応用などの総合的・実践的な学力を身につけさせる。

英語科英語科

  1. コミュニケーションに関心を持ち、積極的に英語を使おうとする姿勢を育てる。
  2. 英語を読み、聞くことによって、相手が伝えようとしていることを理解する力を育てる。
  3. 英語を用いて、自分の考えや気持ちを話したり書いたりする表現力を育てる。
  4. 英語という言語の知識を深め、その背景にある文化を理解する。

音楽科

  1. 音楽活動の基礎的な能力を養う。
  2. 多様な音楽文化に対する知識と理解を深める。
  3. 幅広い音楽活動を通じて豊かな情操を養う。

美術科

  1. 発想力、想像力を育て表現力を豊かにする。
  2. 道具の扱いや技法を習得し、技術力を高める。
  3. 観察、鑑賞から読み取る力、感じ取る力を向上させる。
  4. 美術に関する事象を科学的根拠からとらえ認識を深める。

保健体育科

  1. 運動を通じて身体と心を鍛える。
  2. 「協力」「支える」「思いやる」コミュニケーションスキルを高める。
  3. 運動の合理的な実践と公正な判断ができ、運動に親しむ習慣を育てる。
  4. 現代の健康問題やその要因について関心を持たせ、規則正しい生活習慣を身につけさせる。

技術家庭科

  1. より良い生活をしていくために必要な知識や技術を習得する。
  2. 実習を行い、その過程で工夫をし、創造する能力や物を作る技術を習得する。
  3. 身につけた知識を生活に活かす力を養う。
ページトップへ